国家資格です

男性

医療現場では需要な仕事

診療放射線技師は医療現場で放射線を利用する検査機器を利用する専門技師です。そのため国家資格が必要になります。診療放射線技師になるためには、高校を卒業後に放射線技師養成学校を終了する必要があります。受験資格ですが、大学や短大であれば保険医療部などの医療関連学科に学科として設置されている場合もあります。医学部を併設した大学であれば、その機関で現場実習もできます。専門学校は3年制ですが、社会人向けのコースもある学校があります。大学より早く受験資格が得られるため、働きながら受験を目指す社会人には最適です。授業は医療現場さながらのCT実習や超音波検査実習、マンモグラフィー、X線撮影実習などが学べます。資格取得がは地域の医療現場に採用されて勤務となります。診療放射線技師は医師や歯科医師の指示にもと、診療を目的に放射線を照射します。医師・歯科医師以外で唯一、放射線を利用する検査機器を操作でする重要な仕事です。最近は放射線を利用しない検査も行われており、その代表的なものがMRIや超音波検査で磁気や超音波を利用した検査機器で、その役割は広がって来ています。医療現場では診療放射線技師の実務経験者を募集するケースが多いようです。現場で経験と実績を積めばそういった募集にも応えられます。働き方も幅広く、正社員、契約社員、パートまで様々です。女性であれば産休明け職場復帰でパートなど家庭に支障がない程度で働くこともできます。

Copyright© 2018 眼科医をサポートする視能訓練士になる【養成施設に進むのが一般的】 All Rights Reserved.