社会のニーズに応える

文道具

エキスパートになる

視能訓練士とは目に関する検査や機能回復訓練を専門的に行う仕事です。最近では特にスマホの普及やゲーム機などで目を酷使した結果、視力の低下や疲れ目になる人が増えています。そう行った人に対して行った、検査や診断結果を視能訓練士は的確に眼科医に伝える仕事をしています。視能訓練士は国家資格であり、資格取得のためには高校を卒業後に、視能訓練士養成課程がある大学、短期大学、専門学校で学ぶことで受験資格が得られます。方海外の視能訓練士の学校を卒業した人や、海外で視能訓練士の免許を受けた人も、日本の養成学校で学んだのと同様の技術があると厚生労働大臣が認定した場合も、受験資格が与えられます。年一回の国家試験に合格して、医療機関に採用されれば視能訓練士として勤務することができます。学校では視能矯正学や眼疾病学、視能検査学を学び、臨床実習では実際に病院で実習を行います。視能訓練士に求められるのは、眼科医の診断やその後の治療に多大な影響を及ぼす仕事ですから、正確さや几帳面さはもちろん患者とのコミュニケーション能力も必要です。視能訓練士も最近認知度が高まってはいますが、医療現場では不足しているのが現状です。特に高齢化社会が加速する中でその育成が叫ばれています。また、自ら専門知識を高める努力をして知識を身につけ、最新の検査機器などにも対応できる能力があればその活躍する場はさらに広がって行きます。特に女性は家庭を持ち、育児を両立しながら働ける環境もありますから、再就職も十分可能だと言えます。

Copyright© 2018 眼科医をサポートする視能訓練士になる【養成施設に進むのが一般的】 All Rights Reserved.