女性

国家資格を取るのが良い

マッサージの職業に就こうを考えるのであれば、その関連の国家資格を取得するのが望ましい選択といえます。その国家資格を取得するためには、資格を取るための学科のある専門学校に通って勉強しなければなりません。

眼の健康を守る専門技術者

男女

職業として働くには

視能訓練士は眼科医師の指示のもと、斜視や弱視の訓練治療や視能検査を行う医療技術者です。視能訓練士の業務内容は、眼科一般検査・視能矯正・健診業務・リハビリ指導と幅広く、生まれて間もない乳幼児からお年寄りまでの全ての方の眼の健康を守る仕事となります。視能訓練士として働く為には、年に1回の国家試験に合格する必要があります。その為には、最初に国家試験を受ける為の受験資格を得ることが必要で、その一般的な方法となるのが視能訓練士養成施設への入学となります。視能訓練士養成施設の数は全国で約30校ほどで、専門学校と保健医療系の大学で構成されており、高校卒業後にどちらかの養成施設に進むのが一般的となっています。養成施設を選択するポイントは、「早く実践力を身につけて資格を取りたいのであれば専門学校」「幅広く学び実践力をつけるなら4年制大学」と言われています。その他、幅広く資格を取得する為に、短大や保育系学校で学んだ後に養成施設へ進む方法もあります。視能訓練士の主な就職先は医療機関の眼科であり、国公立の医療機関、私立病院、眼科診療所などに専門職として勤務することになります。現在は、高齢化社会に伴って眼の疾患を抱える患者が増えており、視能訓練士の需要は多いと考えられ就職先に困ることは当分ないとも言われております。しかし、就職してからも積極的に専門の高い知識と技術を身に付け、検査機器などの最先端の技術を取り入れる姿勢が視能訓練士には必要になります。

Copyright© 2018 眼科医をサポートする視能訓練士になる【養成施設に進むのが一般的】 All Rights Reserved.